Studio Onett

お知らせ

18.08.10(金)【コラム】ファーストインプレッションをサウンドに

私は楽曲を初めて聴いた時のファーストインプレッションをとても大事にしています。

セッションにデータを並べて通して一回聴く。

歌詞は見ません。イラストも見ません。ボーッと波形を眺めながら聴いています。

「キックがカッコイイ」だとか「エスニックなコーラスラインが印象的だな」みたいな。

 

今ふとコラムを書きながら思ったんですが、「大事に」というのはちょっと語弊があるかも。

そういうのを考えながらMixやMasteringをすると純粋に「楽しい」からやってます。

 

最近ですと、みきとPさんの「少女レイ」を山口かぽさんが歌唱されてる作品にMix,Masteringで参加させて頂きました。

 

 

「少女レイ」という楽曲はリバーブがとてもふわっとしててそこはマストに表現しなければいけないと思いました。

ただ僕がこの楽曲から感じたのは「躍動感」でした。「躍動感…」非常に曖昧な言葉ですね(笑)。

とにかく歌も各楽器も「躍動感」があった方が絶対クール!だと思ったのです(笑)。

是非聞いてみてくださいきっと「躍動感」に溢れた作品になってます…笑

  • 依頼の流れ
    料金表
    依頼フォーム

CONTACT

Studio Onettとつながる